トップページ採用情報丸善製薬の仕事について > 研究開発本部の先輩社員からのメッセージ(佐々木正倫)

先輩社員からのメッセージ

「相手の身になる」営業活動でお客様から喜ばれる営業マンに

佐々木正倫(研究開発本部 機能性研究部 素材探索研究課)平成21年入社
自然科学研究科 生命薬学専攻修了

私の仕事内容

製品開発のベースとなる基礎研究を行っています。将来有望な植物素材や成分の探索をするため、抽出・分画・精製・化学反応などを経て有効な成分を見つけ出し、様々な分析機器を駆使してその構造や特性を明らかにする業務を行っています。

~ある1日のスケジュール~

スケジュール

先輩社員への質問

Q1
具体的には日々どのような業務をしているのでしょうか?

水やアルコールなどを用いて植物原料から抽出物を作製します。
この抽出物に対して、カラムクロマトグラフィーによる精製工程を繰り返し行うことで、成分を単離します。
抽出物や精製工程の評価、単離した化合物の構造解析のために、HPLCやNMRを利用した分析を行います。
また、社内の図書館で文献を調べたり、研究テーマを検討するにあたり社内で打ち合わせも行います。
社内には様々な専門知識を持ったスタッフがおり、それぞれが能力を発揮すると同時に連携をしながら 研究業務を推進しています。

Q2
仕事のやりがいを感じるのはどのような時ですか?

自分が研究に携わった植物素材が製品化されたときです。
植物素材とめぐり合ったら、私たちは毎日実験室で仕事を行います。
成分探索やデータ収集を繰り返していくと、いつの間にかその植物素材のスペシャリストになっていて、その植物素材に対する愛着は誰にも負けないものとなっています。
私たちの研究成果は、開発部門による製品化、製造部門による生産、品質管理部門による確かな品質の担保を経て、営業部門による販売が行われます。
自らが関わった植物素材が晴れてお客様(取引メーカー)に製品採用をしていただいたときに、何にも代えがたい達成感を味わい、この仕事をしていて良かったと思います。

Q3
仕事を進める上で特に大切にされている事は何ですか?

コミュニケーションです。
「実験室で一日仕事をしていると誰かと話したくなる」という理由もあるかもしれませんが(笑)、どんな仕事もひとりで成し遂げることは出来ないからです。私たちの目標は植物素材の製品化ですが、これには様々な専門分野の人々が力を合わせて取り組んでいかなければなりません。
社内に限らず、社外のパートナーとも協力していくこともあります。自分の専門知識・技術を製品開発に活かしつつも、他分野の専門家のお話を聞いたりしながら一緒に進めていく仕事は楽しいですよね。

Q4
職場の雰囲気を一言で教えてください。

若手社員が積極的に研究開発活動を行える環境です。
会社としてこの環境整備を推進しており、若手社員のアイデアを積極的に研究テーマに採用する取り組みをしています。若手社員の溢れるエネルギーは製品開発に最も必要なものですし、若いが故の突拍子もないアイデアが、すばらしい製品の誕生のきっかけになることってありますよね。

Q5
研究開発テーマの持ち方について教えてください。

初期の段階では助言などを貰いながら、研究者は単独で対応します。すなわち個人はそれぞれがテーマを持ち、グループ目標のテーマに挑んでいます。
他の専門分野の方々との間にプロジェクトが立ち上がり、プロジェクトメンバーになることもあります。いずれにしても、個人がもつ高度な専門性を活かして、能力を十分に発揮することを目指しています。

就職活動中の学生へのメッセージ

私は失敗を恐れずチャレンジする気持ちをいつも大切にし、その中で見つけた新しい自分を大切にしています。
就職活動も研究も多くの失敗をしてきましたが、チャレンジすることで乗り越えてきた経験は自信となり、成功したときは最高の喜びを感じることができます!
皆様も一緒に丸善製薬でチャレンジしましょう!

※掲載情報は平成25年のインタビュー内容です

丸善製薬の仕事について

先輩社員へのインタビュー

先輩社員からのメッセージ(生産管理:勝部)

先輩社員からのメッセージ(営業:高谷)

先輩社員からのメッセージ(品質保証:河村)

先輩社員からのメッセージ(研究開発:佐々木)

先輩社員からのメッセージ(営業:藤井)

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.