トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

オトギリソウ

オトギリソウ

植物の紹介

 セイヨウオトギリソウは、わが国の山野に普通に見られる多年草で、日当たりのよい草地に好んで生え、高さ20~60cmにのび、茎は丸く直立します。花は7~8月頃茎の先が数多く分かれて多数の黄色花を開きます。
 漢字で「弟切草」と書きますが、平安朝の頃からの伝説は有名です。鷹の傷にこの草を揉んでつけると治るという秘密を、弟が他人にもらしたので、怒った兄が、その弟を切り殺してしまったということから、この名前があります。生薬名「小連翹」といい、果実を結んだ頃全草を乾燥したもので、タンニンを含み、収斂、含そう、止血剤として煎剤にして用います。
 昔、セイヨウオトギリ(セントジョーンズワート)が不思議なちからをもつといわれたのは、ひとつに花を潰すと血のようににじみ出る蛍光色素、ヒペリシンのためです。ヒペリシンは抗鬱作用があり、後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療薬に用いられました。
 成分としては、ルチンなどのフラボノール配糖体を含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:オトギリソウエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.