トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

オウゴン

植物の紹介

 コガネバナの根は、オウゴンという名で古くから日本で栽培されてきました。亨保年間に朝鮮から種子を入れて幕府の小石川御薬園で栽培されていたという記録があります。現在では三黄瀉心湯や小柴胡湯などの漢方薬に処方されます。
 成分としては、バイカリン、バイカレインなどを含んでいます。

オウゴンエキスの主な作用・効果

・タイトジャンクション(TJ)形成促進作用
 - クローディン-4産生促進作用
 - ZO-1産生促進作用
 - ZO-2産生促進作用

・美白作用
 - エンドセリン-1産生抑制作用
クローディン-4については、表皮顆粒層付近、ZO-1、ZO-2については表皮顆粒層から基底層にかけて、 それぞれの産生促進を示す蛍光強度が高まっている事が確認されました。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:オウゴンエキス

おすすめカテゴリー

保湿。バリア機能  肌荒れ対策  メラニンケア

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.