トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

ヒハツ

ヒハツ

植物の紹介

 ヒハツは、東南アジアに分布するコショウ科の植物で、果実の乾燥物は香辛料として利用されています。中国やインドでは、昔から体の冷えを改善する目的で用いられてきました。また、ギリシア時代の哲学者で植物学の祖と呼ばれるテオフラストス(372~287 B.C.)は、コショウには2つの種類があると紹介しています。1つはブラックペッパー(コショウ)で、もう1つがヒハツ(ナガコショウ)です。
ヒハツは、ブラックペッパーと異なる辛味と香りを持ちます。また、奈良の正倉院には、唐から送られてきた薬物として、ヒハツが現存しています。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:ヒハツエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.