トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

ゲンチアナ

ゲンチアナ

植物の紹介

 みごとな花を咲かせるこのゲンチアナという植物は、その薬効を最初に発見した古代のイリュリアの王、ゲンティウスにちなんで名づけられたものです。山地に生える多年生草本で、高さ1m以上にまで達します。対生、卵形、青緑色の強固な葉を持ちます。5枚の黄色の花弁をもつ花は葉腋につきます。ゲンチアナの根は、美味しいリキュールをつくるのに用いられます。また苦味のあるハーブで、消化器官に有益で、胃液分泌を盛んにし、未消化を防ぐ、伝統的な消化剤でもあります。
 成分としては、セコイリドイド系苦味物質、その中でもゲンチオピクロサイドを量的にもっとも多く含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:ゲンチアナエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.