トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

甘草(グリチルリチン酸モノアンモニウム)

グリチルリチン酸モノアンモニウム

植物の紹介

 "生薬の王"と呼ばれる甘草は、4000年も前から薬用植物として使用されており、アッシリアのタブレット(粘土板)やエジプトのパピルスにその記録が記されています。
 その名が示す通り、その根は甘く、甘味の本体であるグリチルリチン酸は、ショ糖の150倍という甘味をもつサポニン配糖体です。そして、酸加水分解によってグリチルレチン酸を生じます。
 このグリチルリチン酸にアンモニウムイオンが結合したグリチルリチン酸モノアンモニウムは優れた抗アレルギー、抗炎症作用を示します。そこで外用薬としての臨床報告が国の内外を問わず多くみられ、急性や慢性の皮膚炎に対して著しい効果を持っているといわれています。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:グリチルリチン酸モノアンモニウム

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.