トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

シルク

シルク

植物の紹介

 絹は、シルクロードの歴史に見られるように、紀元前3000年の昔から人々の生命、健康、若さ、美の保全と精神文化の創造に尽くしてきました。その発祥の地は今の中国であったと考えられています。 絹の化粧品への利用が始まったのは、最近のことです。絹は自然にかつ非常によく皮膚になじむので、パウダーにもファンデーションにもよく用いられ、また、絹の口紅は色をコンスタントに保ちます。さらに重要なことは、正絹独特の光線屈折による輝きが出ることです。また、絹の治癒力を利用して、肌の荒れの治療剤にも使われています。
 成分としては、セリシン、フィブロインと呼ばれる2種類のタンパク質を含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:シルクエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.