トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

クララ(クジン)

クジン

概説

 クララの根は、クジン(苦参)と呼ばれ、中国では古くから解熱、利尿、温補の薬物として用いられています。 ”クララ”という名は服用時に軽い中毒症状としてめまいをおこすことや、根汁をなめると目がくらむほど 苦いことによるといわれており、民間ではクララの煎汁を毛ジラミや害虫の駆除、湿疹や寄生性皮膚病に外用 します。漢方で苦味健胃剤、解熱、利尿薬として用いられる他、駆虫薬としても用いられます。なお、現在、日本薬局方に「クジン(苦参)」として収載されています。
 神農本草の中品に収載され、その薬能は「心腹結気、積聚、黄疸、尿後の余瀝あるものを主どり、云々」と記載され、古来より用いられています。現在我が国では漢薬としていますが、生薬製剤の原料生薬でもあります。
 用途としては、急性下痢や細菌性の下痢、血便、急性胃炎の差し込み、食欲増進などに煎液を服用して用いられたり、皮膚の激しい痒みや炎症性のはれもの、水虫、あせも、疥癬には煎液を外用塗布して用いられています。
 成分としては、アルカロイド(マトリン(主)、アロマトリン、オキシマトリン等)、フラボノイド(クラリノール、クラリジノール、クラリノン等)、サポニン(ソヤサポゲノールB、ソヤサポニンI等)等が知られています。アルカロイド類には神経系に対する作用、抗潰瘍作用が、フラボノイド類には真菌、皮膚糸状菌などに対する抗菌作用が報告されています。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:クジンエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.