トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

レモン

レモン

植物の紹介

 レモンは、今日では馴染みのある果物ですが、古代ギリシャ、ローマ時代には知られていませんでした。インド北東部のヒマラヤ山系が原産であり、温帯南部より熱帯地域に至るまで栽培分布しています。南イタリア、シシリー、スペイン、ポルトガル、カリフォルニア、オーストラリアは世界的な大産地です。日本では中国・四国・九州などの暖地で栽培が可能です。新鮮な成熟果皮を、香味、芳香、刺激剤、レモン油、ペクチンなどの原料とし、果汁をクエン酸、vitamin Cの製造原料、レモネードなどに用います。レモン油は清涼飲料、シロップ、菓子などのエッセンスにします。また、葉から水蒸気蒸留して petitgrain lemon oil を得て、オーデコロン、香水、石鹸用香料などに用います。
 成分としては、有機酸、フラボノイド、精油などを含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:レモンエキス
食品・食品添加物用原料(香料・香辛料抽出物):レモンオイル乳化物(2)

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.