トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

ローズマリー

ローズマリー

植物の紹介

 ローズマリーは、一般名及び属名がラテン語のロス・マリス(ros maris):海の雫に由来するように、地中海沿岸地方の海辺に生息する、雫のような花をつけるシソ科の植物です。中国では本植物の全草を「メイテッコウ(迷迭香)」といい、古くから頭痛薬として用いてきましたが、ヨーロッパをはじめ、世界中でその油:ロスマリン油を化粧品業界で汎用するほか、葉を肉料理に用いるなど、薬用、食用、観賞用として広範囲に活用されている植物です。
 成分としては、精油成分、ロスマリン酸、タンニンなどを含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:ローズマリーエキス
食品・食品添加物用原料(機能性食品素材):ローズマリーエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.