トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

チンピ

チンピ

植物の紹介

 地球上にミカン類が生まれたのは、今から2000万~3000万年前と推定されます。これがインドから中国を経て日本に伝わり、蜜のように甘い柑子(コウジ)(ミカンの古名)という意味で蜜柑(ミカン)と呼ばれるようになりました。
 ウンシュウ(温州)ミカンは、400~500年前に中国から九州に入った何かのミカン類の種子から偶然に発生したもので、中国の温州には同じものは見当たりません。食用としては、果実に種子がないことから、家の存続に世継ぎが絶対必要とされた江戸時代には忌み嫌われたこともありましたが、薬用としてはその成熟した果皮が古くから漢方処方に用いられ、現在でも日本薬局方に収穫され、医薬品、化粧品分野で汎用されています。
 成分としては、精油(シネオ-ルなど)、糖類、フラボノイド配糖体(ヘスペリジン)などを含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:チンピエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.