トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

冬虫夏草

冬虫夏草

冬虫夏草の紹介

 冬虫夏草は、1757年、中国の清時代に発刊された『本草從新』に初めて記載された漢方薬の一種で、鱗翅目の昆虫、特にコウモリガ科の虫草蝙蝠蛾(チュウソウヘンプクガ)の幼虫とそれに寄生した子嚢菌の一種、バッカクキン科の冬虫夏草菌(フユムシナツクサタケ)が形成する子実体からなるものです。
 その形成過程は、まず、菌の胞子が宿主の幼虫の体表に付着すると発芽管が伸びて幼虫の体膣内に侵入、感染し、菌糸が増殖、伸長します。幼虫はやがて地中にもぐりますが、菌糸は更に増殖して塊(菌核)を形成して越冬します。宿主は生きているがごとき外観を呈します。次に、夏期になり、適当な温度と湿度条件になると、主に宿主の頭部から子実体が伸長し、地表部に表れます。これを虫体ごと採集、乾燥したものが漢方薬の「冬虫夏草」として用いられるものです。
 この「冬虫夏草」は、漢方薬として煎じる他、蒸留酒、薬膳料理に用いられ、強壮、鎮静、鎮咳薬として、病後の虚弱症、インポテンツ、肺結核性吐血、老人性慢性咳嗽、貧血等に応用されてきました。
 成分としては、糖類(マンニト-ル)、アミノ酸(アデノシン)などを含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:冬虫夏草エキス
食品・食品添加物用原料(機能性食品素材):トウチュウカソウエキスパウダー

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.