トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

緑茶

緑茶

緑茶

植物の紹介

 茶は、ツバキ科植物・チャの芽葉を原料として製造した飲み物で、製造方法の違いから、「発酵茶(紅茶)」、「半発酵茶(ウーロン茶)」、「不発酵茶(緑茶)」の3つに大別されます。
 これらのうち、緑茶は製造の第1段階で、茶葉を蒸気または火熱で熱し、茶葉中に存在する酵素を失活させて酸化を防ぎ、固有の緑色を保つように造られており、日本茶は蒸気を使用して製造することを特徴とし、中国茶は釜で炒ることを特徴としています。
 喫茶の風習は中国から伝わりました。聖武天皇の時代には、薬用としてわずかに飲用されていましたが、後鳥羽天皇のとき、栄西が宋より留学を終えて帰国するときに、製茶法と種子を持ち帰ったといわれています。
 このように、お茶は飲料としての歴史が古く、喫茶は我々の生活習慣の一つとして定着しています。
 しかし、健康に対する認識の変化に伴い、お茶についての成分分析、薬理活性の探求が進み、健康に対するお茶の機能として、「抗腫瘍作用」、「抗酸化作用」、「変異原及び発癌プロモーター抑制作用」、「血圧降下作用」などが報告され、優れた機能性食品の1つとみなされるようになりました。
 成分としては、ポリフェノ-ル(カテキンなど)、カフェインなどを含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:緑茶エキス
食品・食品添加物用原料: 緑茶抽出物MF

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.