トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

牡蠣

牡蠣

牡蠣(カキ)の紹介

 牡蠣は良質なタンパク質、タウリン、グリコーゲン、亜鉛やミネラル類などを多く含んでおり、「海のミルク」ともいわれます。また古くから漢方原料として利用されてきました。
 一般的には滋養強壮作用があるとされています。

牡蠣に含まれる成分

グリコーゲン、タウリン、亜鉛

牡蠣の主な作用・効果

滋養強壮作用
肝機能改善作用

二日酔い改善作用

アルコール代謝酵素亢進作用

アルコール代謝酵素(ADH)亢進率
牡蠣

牡蠣

この原料を使用した製品

食品・食品添加物用原料(機能性食品素材):カキエキスパウダー
食品・食品添加物用原料(調味料):オイスターパウダー/カキミックス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.