トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

カミツレ

カミツレ

カミツレ

 ハ-ブ茶としても有名なカミツレは、ヨ-ロッパ原産の一年草で、ヒナギクに似た白い花を咲かせます。 学名のMatricariaは語幹の「母」を意味するマ-テルmaterあるいはラテン語の「子宮;マトリックmatric」を意味し、chamomillaはギリシャ語の「地球のリンゴ;カマイメロンchamaimelon」に由来します。
 これは、このハ-ブがリンゴに似た香りを漂わせる、冷え症など婦人病に効果のある薬草として親しまれたからで、古くはクレオパトラが薫香として愛用し、ロ-マの兵隊たちが戦争で傷ついた身体を"カミツレ浴"で癒したといいます。
また、北フランスのブロンドの乙女たちは、髪のつやを保つため、シャンプ-に使用していました。
 このように古来から美容、薬用両面で人々の生活に溶け込んできたこの植物は、現在では最も有名なハ-ブの一つとして、様々な化粧品分野で広く使用されています。
 成分としては、タンニン、フラボノイド、クマリン誘導体(ヘルニアリン、ウンベリフェロン)、精油成分(アズレン)等を含んでいます。

この原料を使用した製品

化粧品・医薬部外品原料:カミツレ抽出液
食品・食品添加物用原料(機能性食品素材):カミツレエキス

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.