トップページ原料辞典

原料辞典

技術者限定情報

黄杞

黄杞葉

 黄杞は中国南部に自生するクルミ科の常緑高木です。その葉は弱い甘味を呈することから、これらの地域では甘茶と称して古くから解熱、減肥満、解毒などの目的で飲用されてきました。

黄杞葉の作用

膀胱機能改善作用
美肌作用
抗アレルギー作用

黄杞葉に含まれる成分

アスチルビン

膀胱下尿路閉塞障害モデルに対する改善効果

方法 :
尿道結紮モデル(白色ウサギ)による外科的排尿阻害の処置を行った後、黄杞葉抽出物を4週間にわたって経口投与(100mg/kg/day)しました。投与終了後、膀胱機能検査(シストメトリー)を行うと共に、膀胱の排尿筋を切除し、マグヌス装置により収縮の測定を行いました。

膀胱機能検査

結果 : 排尿障害による膀胱内圧の上昇が抑制されました。

排尿筋の収縮反応

結果 : 排尿障害による排尿筋の収縮力の減少が抑制されました。
(Robert M. Levin, Y Kawashima et al: Effect of oral Kohki tea on bladder dysfunction induced by severe partial outlet obstruction. J Urol. 2002 May;167(5):2260-6.)

膀胱虚血・再灌流(I/R)障害モデルに対する改善効果

方法:
黄杞葉抽出物を3週間にわたって経口投与(100mg/kg/day)しました。投与終了後、膀胱動脈に対して虚血・再灌流を行いました。その後、膀胱の排尿筋を切除し、マグヌス装置により収縮の測定を行いました。

群構成 :
1時間虚血-1時間再灌流 処置群 (1hr/1hr)
1時間虚血-1週間再灌流 処置群 (1hr/1wk)
3時間虚血-1時間再灌流 処置群 (3hr/1hr)
3時間虚血-1週間再灌流 処置群 (3hr/1wk)

排尿筋の収縮反応

結果 : 虚血・再灌流による排尿筋の収縮力の減少が抑制されました。
(Robert M. Levin, N. Ohto et al: Kohki tea protects the rabbit bladder from ischemia/reperfusion-induced contractile dysfunction. Urol Int. 2008;80(4):425-30.)

臨床試験 : 軽度排尿障害者に対する改善効果

方法:
IPSS問診表による自己採点が19点以下であり、泌尿器科で治療を受けていない軽度排尿障害をもつ10名(男性6名、女性4名)を対象に、黄杞葉抽出物を、1日3回、21日間摂取して頂きました。摂取開始14、21日目の自然排尿に関して、検査・測定を行いました。

結果:
IPSS問診表による評価では、摂取前と比較して7項目中4項目(残尿感、我慢のつらさ、勢いが弱い、いきみ)に有意な改善効果が認められました。また7項目の合計では、摂取14、21日目のいずれも摂取前と比較して有意な改善効果が認められました。 エコーによる残尿量測定では、摂取21日目に減少傾向が認められました。

黄杞葉抽出物に、軽度排尿障害に対する改善効果が期待できます。

この原料を使用した製品

食品・食品添加物用原料(機能性食品素材):黄杞葉エキスパウダーMF

本ページ内に記載の技術情報は、化粧品または食品・健康食品企業の方をはじめとするその関連する業務に従事されている方を対象に、適正にご使用いただくことを目的としたものであり、一般消費者向けのものではございません。これら技術情報は市販商品における効能を示唆するものではないことにご留意いただき、関連法規制の規定等をふまえ、消費者に向けた広告宣伝や販売等の目的に 使用することはお避けください。

原料辞典

効果・機能分類

お問い合わせ

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.