トップページニュースリリース ><学会発表告知>第23回IFSCC Conference 2015チューリッヒ大会での研究発表告知

ニュースリリース

<学会発表告知>第23回IFSCC Conference 2015チューリッヒ大会での研究発表告知

2015年9月21日(月) - 23日(水)にスイスで開催されます 第23回IFSCC Conference 2015チューリッヒ大会において、研究成果を発表致します。

開催場所:スイス チューリッヒ
開催期間:2015年9月21日(月) - 23日(水)

[演題]
ANGELICA ACUTILOBA ROOT EXTRACT improves hyperpigmentation via the mechanism of digestion of melanosome complexes
トウキエキスはメラノソーム複合体の消化を作用メカニズムとして色素沈着を改善する

[発表概要]
シミの一種である老人性色素斑部位では、表皮角化細胞内にメラノソーム複合体が分解されず蓄積されることが報告されていることから、老人性色素斑を薄くするためにはメラノサイトのメラニン合成を抑制するだけではなく、表皮角化細胞内のメラノソーム複合体の膜構造を消化してメラニンを分散させることもターゲットになり得ると考えられる。
本研究ではトウキエキスにメラノソーム複合体の消化に関わる酵素カテプシンの活性化を介した色素沈着改善作用が認められたので、報告する。

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.