トップページニュースリリース > <学会発表告知> 第9回セラミド研究会学術集会

ニュースリリース

<学会発表告知> 第9回セラミド研究会学術集会 パイナップル由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚機能改善効果とその作用機序についての招待講演

2016年10月27日(木) - 28日 (金) に東京で開催されます第9回セラミド研究会において、研究成果を国内招待講演として発表致します。

 開催場所:東京ユビキタス協創広場CANVAS
 開催期間:2016年10月27日(木) - 28日(金)
 発表日時:2016年10月28日(金)15:00

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

[演題]
パイナップル由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚機能改善効果とその作用機序の検討
(Study on the mechanism for restoring skin barrier function by oral administration of pineapple glucosylceramide)

[発表概要]
 皮膚におけるコラーゲンの産生促進がシワの形成を抑え、皮膚恒常性を高めることによりバリア機能が改善すると考えられますが、これまでのところ、それらの作用が報告された食品成分はほとんどありません。今回、パイナップル由来グルコシルセラミドについて、バリア機能改善効果およびその作用機序の検討を行いましたので紹介致します。

©2017 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.