トップページニュースリリース >【受賞報告】BSB Innovation Award 2020でW受賞

ニュースリリース

【受賞報告】BSB Innovation Award 2020でW受賞
最も革新的なアクティブ原料(エイジングケア)第1位 レモンバームエキスRA
最も革新的な機能性原料 第3位 シルバーバイン果実エキス

丸善製薬㈱は、BSB Innovation Award 2020において、アクティブ原料(エイジングケア)第1位「レモンバームエキスRA」および機能性原料第3位「シルバーバイン果実エキス」と2部門においてW受賞しました。

   
レモンバーム1位 シルバーバイン3位

【レモンバームエキスRA~コラーゲンサステナビリティ®】
世界的に注目される「クリーンビューティー」や「サステナビリティ」、「SDGs」をキーワードとした化粧品開発および消費者ニーズに対応したエイジングケア原料です。
紫外線によりダメージを受けた肌のコラーゲンの再生サイクルに関与する「Endo180」。このEndo180の産生を促進・回復することにより「循環を生み出すエイジングケア」効果が期待されます。
また、本品の抽出に使用するレモンバームの一部は、自社農場「久井ファーム」で栽培されたものが使用されています。久井ファームでは、植物エキスの抽出にともない排出される「残渣」を焼却することなく、肥料としてリサイクルし、土へ戻すことで新たな有用植物を栽培する循環型農法を確立しています。
さらに、レモンバームの活性成分の1つ「ロスマリン酸」の含量が収穫時期により異なることを見出しており、自社栽培だからこそ最適なタイミングで収穫することが可能となっています。
環境負荷の低減を目指した循環型農法で栽培された植物を使用することで、本品の「有効性(コラーゲンの再生)」と「製法(残渣のリサイクルによる植物の再生)」の両面における「サステナビリティ」を具現化しました。

【シルバーバイン果実エキス】
PM2.5などを含む自動車の排気ガスやブルーライトなど外的環境による肌ダメージに対処する天然由来原料です。
外的ストレス因子により誘導される肌の酸化ダメージの指標「カルボニル化タンパク質(CP)」の生成に着目。ヒト肌から採取した角層を用いて、実際に肌で起きている事象に近い条件にて試験を行いました。
同エキスを使用した角層CP生成抑制作用試験では、車の排気ガス、ブルーライトにより誘導されるカルボニル化をそれぞれ有意に抑制する作用が確認されました。
また、外的環境から肌を守るアンチポリューション原料が多い中、同エキスはCP生成抑制(保護)にとどまらず、生成されてしまったCPの分解促進作用を有することが大きな特徴です。
シルバーバイン(マタタビ)の果実は滋養強壮や疲労回復効果が有名で、生食や薬用酒などに用いられています。

【BSB Innovation Awardについて】
欧州の化粧品コンサルティング会社BSB社(本社:ドイツ・ハンブルグ)が選考し、化粧品原料と最終製品に与えられる賞です。一般化粧品部門、ナチュラル化粧品部門がありそれぞれ表彰されます。今年で18回目となる賞です。

※「コラーゲンサステナビリティ」は、丸善製薬㈱の登録商標です。

©2020 丸善製薬株式会社 All Rights Reserved.